メリットしかない20代での経営経験

 

私は学生中に1度目の起業、外資系メーカーでの経営・マーケティングの修行を積んだ後に、20代後半で2度目の起業を行いました。その経験から20代で経営を経験するということは、ビジネスで一旗をあげたい人たちにとってメリットしかないのではと思っています。

今回は具体的にどのようなメリットがあるのかを書いてみたいと思います。

失敗をしてもキャリアを立て直せる

20代で経営にチャレンジすることの最大のメリットはこれだと思います。20代で起業をして失敗をしたとしても、まだ次のチャレンジや転職という機会は多く残されています。事実、私の周りの経営者も20代で起業し失敗しても、その経験を活かして次の起業で経営を軌道に乗せたり、ベンチャー企業の役員や、大企業の重要なポジションに就いている友人も多いです。

一方30代後半で起業をして失敗をすると、そこからキャリアを修復するのはなかなか難しい可能性があります。転職市場は30代後半を超えると急激に案件が減ってきます。また、再度の起業を行おうと思っても金融機関や投資家からの資金調達は20代と比べると一般的に難しくなります。(ここで一般的と言っているのは、その者のこれまでのキャリアによるところも多いからです。例えば前職で企業の上場役員であった場合、起業で失敗したとしてもそのあとのキャリアはまだ修復可能であると思います)。

このように20代で経営にチャレンジすることは、30代で起業したとよりも低リスクであると言えます。

自分に足りないことがわかる

これは学生の時に起業をした際に非常に感じたことです。よく経営スキルを磨くためにxxxの会社に入社して修行しますという人たちがいますが、あれはよくないです。経営者にとって必要な普遍的なスキルなんてないと思っています。各人それぞれの経営の型があり、それによって必要なスキルも変わってきます。その点、早くから経営をしてみると自分に向いている経営のスタイルやそれに現時点で不足している部分が見えてきます。

私の場合は最初の起業は大きく言うとマーケティングと組織作りの能力が低かったために、自分で期待していた以上に会社を大きくすることができませんでした。そのために新卒ではその2つを学べ、ベストプラクティスを吸収できる会社へ就職をして5年間経験を積みました。

今はその経験が非常に生きていると感じています。

よくxxxの会社は経営のことを学べるといったような評判を聞くことはありますが、それは事業企画ができる会社だということがほとんどです。事業企画ができても経営者にはなれません。ビジネスで一旗揚げたいと思っているならば目指す経営者像から逆算をして会社を決めるべきであると思います。そのための現状を知るために経営を1度経験してみるというのは非常に有効な手段であると思います。

人とのつながりができる

経営をすると経営者同士の繋がりが増えます。その繋がりは非常に貴重で重要なものです。特に若い時に作った人脈は30代以降に作る人脈よりも強い傾向にあります。30代以降だとかなりの確率で利害関係の中で生まれる人脈となってしまうので、強く・頼りになる人脈とはなりにくくなります。若いうちに作っている人脈は強い利害関係の中で生まれていない人脈であるので、非常に強力なものになります。

その人脈はもちろんビジネスに発展することもあるし、ビジネスに対するモチベーションを上げ続けるための1つでもあります。様々な業界でビジネスを行っている人たちとの情報交換は非常に刺激的で自分のビジネスにとってプラスになります。経営者仲間が頑張っているのを見ると自分も負けてられないとモチベーションに火が付きます。

また、経営をしてみるとわかることが相談をできる相手がなかなかいないということです。経営者の悩みは独特なので回りに相談できる相手は少ないです。社員に悩み相談することもよくないので中々できません。会社のことで悩み、うまくいかないことが続き、モチベーションが下がってしまう。そんなときに経営者仲間がいると非常に助かります。

月並みではあるが、ビジネスにおいて人脈は非常に大切です。早めに経営を経験すればするほど多くの人脈を築けるようになります。何度も言うが若い時に培った人脈が大切です。私自身も信頼を寄せているパートナーや、経営論議を交わす経営者仲間、モチベーションを高めあう仲間はみんな20代前半で知り合った人たちばかりです。

20代で経営経験を積むことはそのような人脈を作れる可能性が非常に高いのです。

 

 

いかがでしたか?

もっと知りたい部分などをコメントいただければ随時ご紹介していきたいと思います。

関連記事

最新記事