20代でキャリアはほとんど決まってしまう

よくキャリアを築き上げたいのならば、20代のうちに色々な経験を積んで、専門性を高め、そしてマネジメント経験を積むことが大事であるといわれます。実際にこれは正しいと思います。30代のキャリアは20代でどのような経験を積んできたかによることが大きいといえます。今回は20代でのキャリアの築き方について書いてみます。

30代以降のキャリアアップは厳しい

実際に転職サービスに登録をしてみるとわかりますが、30代以降でのキャリアアップ案件はほとんどありません。ほとんどの企業では未経験枠での採用は28歳までのところが多いです。そして専門性をもった人材への転職は34歳まで、35歳を超えるとマネジメント枠での転職案件しかありません。逆を言うと28歳以降で新しい業界へのチャレンジは難しくなりますし、マネジメント枠として採用される経験がなければ30代以降のキャリアアップは厳しいと考えられます。

20代の仕事でその後のキャリアが決まる

上述した通り、20代の仕事が30代以降の自身のキャリアに大きな影響を与えます。例えば、20代でマーケティング、ファイナンスの専門性を磨いたり、エンジニアとしてのスキルを磨いていれば20代の後半でマネージャーとしてのキャリアアップを行い、30代でマネジメント層でのキャリアアップが可能です。一方、20代で専門性を磨けずに“ありふれた人材”として30代を迎えてしまったら、それ以降のキャリアップは難しいでしょう。そうなった場合は、現在の会社で何とかして昇進をしていくか、いい求人を何とかして探すか、起業・スタートアップ企業の創業初期メンバーとなり逆転を狙うかなどをしていかなければなりません。

逆を言うと20代で仕事に打ち込んで専門性やマネジメント経験を積めている人は非常に強いです。そのため職種別の採用で早くから自分の専門性を磨きながら働き、3~5年たつとマネージャー層を経験する外資系企業出身者はキャリアアップの幅が大きいのです。

専門性が磨けていない、マネジメント経験を積むことができないという環境にいるのならば少し焦ったほうがいいかもしれないと思います。その場合は、専門性を築けたり、マネジメント経験を積める環境に転職をすることをお勧めします。

20代での年収は大事

年収も1つ大事な指標である。キャリアアップをしたからといって30代から爆発的に年収が上がるわけではありません。年収はポジションだけでなく、業界やその会社の業界ランクにも大きく左右されます。そのため、キャリアアップして年収を上げるためにはそもそも年収が高い業界への転職や業界No1の会社への転職も考える必要があります。

 

20代で自分のキャリアプランを決めるべき

ここまで見てきた中で言えるのは20代でキャリアプランをしっかりと決めるべきであるということです。今まで受験勉強をして大学に入り、数百万円を使って大学に通い、厳しい就職活動を勝ち抜いてきた皆さんはキャリアでの成功を収めたいと思っているのではないでしょうか。そのためには20代でどのような経験を積むべきかを考えていかなければなりません。キャリアプランの決めるにあたってのチェックリストを以下にてまとめてみました。

専門性が磨ける環境か

一般的なジェネラリストよりかは専門性を持った方の方がキャリアアップをしやすい傾向にあります。特に20代後半以降ではポジションでの採用となります。その際、専門性を有していたほうがより良い条件の案件を見つけやすいです。投資銀行でファイナンスの専門性を磨いてきたならば、次のキャリアアップとして事業会社の投資部門のマネジメントでのキャリアアップが考えられます。また、ウェブマーケティングのスキルを磨いてきているのならば、ITベンチャー企業のCMOとしてのキャリアアップも大いにあり得ます。

今の自分の環境が専門性を磨ける環境なのかを常に意識してみましょう。誰にでもできる仕事を毎日していたら専門性は身につきません。もし社内にいても専門性を磨けなさそうであれば、転職をしてより専門性が磨ける環境に身を置くのも1つの手段です。

マネジメント経験はいつ積めるのか

今の環境でマネジメント経験はいつから積めるようになるのかを知ることも大事です。もしマネジメント経験が30代までに積めないようであれば転職をお勧めします。理想を言えば入社5~6年目でマネジメント経験ができる環境で仕事をするのがいいでしょう。マネジメント経験があるかないかはキャリアアップを狙う際に非常に大事な項目となります。マネジメント経験を早くから積めればその分、キャリアアップには大きな力となります。

業界の年収水準はどうか

前述した通り、キャリアアップをしたからといって年収が爆発的に上がるわけではありません。そのため年収にこだわるのであれば業界の年収水準を考えることも大切です。もし今いる業界の年収水準が低いのであれば、社内でキャリアアップをしても、業界トップの企業へキャリアアップをしても年収は大きく上がらないかもしれません。そのため、年収水準の高い業界へ転職をする必要があります。

先輩の転職後のキャリアはどのようなものか

先輩の退社した後のキャリアを見るのも有効です。どういう業界・企業に転職をしているのか、どのくらいの待遇で転職をしているのかなどは非常に参考になる情報です。もし退職後のキャリアアップがあまりできていない場合、その会社や業界が転職市場で評価をされていないのかもしれない恐れもあります。そういった場合は、早急に転職を考えたほうがいいかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

もっと知りたい部分などをコメントいただければ随時ご紹介していきたいと思います。

関連記事

最新記事