高年収のPEファンドへの転職を考察してみた

高年収であり、現役の金融マンの中でもPEファンドでのキャリアを望んでいる人も多いようです。主に外資系投資銀行出身者が、より高度な運用を目指しPEファンドに進むと考えられていますが、必ずしも外資系投資銀行でのキャリアが不可欠かと言われればそうではないケースもあるようです。今回は、人気の転職先であるPEファンドについて考察していきます。

PEファンドとは

PEファンドとは、プライベート・エクイティ・ファンドの略称で、上場企業の株式を取得し、企業価値を上げて他の事業会社に売却したり、株式上場をして株式市場で売却したりする投資手法を行うファンド形態の1つで、リーマンショック期には一時的に業績は下火になりはしたものの、今なお成長を続けています。主にオルタナティブ運用を軸に、長期運用で高いリターンを目指しますが、流通市場での取引ではないことが多いので、一般には馴染みがない業界でもあります。PEファンドと一括りでも、運用方法などによりジャンル分けされることが通例です。また、企業の成熟フェーズによって分けられます。

MBOファンド

MBOファンドとは、MBOを目指す企業経営者の資金需要に応じて、資金を提供をするファンドのことを指します。市場への再上場、第三者への譲渡に加え、自社株買いなどの手法を用いて、保有株式の売却を行って、利益を上げていきます。MBOとは、マネジメントバイアウトの略称で、企業経営陣が買収をしようとする企業の資産や将来のキャッシュフローを担保に、投資ファンド等からの出資や金融機関からの借入れなどを行うなどして支援を受け、自社株式や一部事業の買収を行い会社から独立することです。

買収ファンド

買収ファンドとは、富裕層や投資家から資金を調達し、その資金を企業買収などに使用し買収した企業の価値を向上させた上で、譲渡や転売を行い利益を行うファンドを指します。ベンチャーキャピタルとも一見同じように感じるかと思いますが、買収ファンドでは、スタートアップ企業ではなく、成熟し効率化している企業をターゲットにし、経営改革などを図り企業価値を高めていきます。

企業再生ファンド

企業再生ファンドとは、読んで字の如くです。経営不振などの問題点を抱えている企業に対して、立て直しを図ります。当然ながら、経営不振に陥っている企業に掛かるリスクは大きく、高度な知識が要求されます。

ベンチャーキャピタル

VCとも略されるベンチャーキャピタルも、広義ではPEファンドの部類に含まれます。革新的な技術や高い将来性を持つスタートアップ企業がターゲットとなります。まず、資金を企業の未公開株を購入するなどして企業側に提供し、企業を成長させていくことで利益を生み出します。よって、経営に関して非常に細部まで関与することが特徴で、投資判断の際には、綿密な企業調査や経営陣とのミーティングを重ねます。

ターンアラウンドファンド

ターンアラウンドファンドとは、企業に投資することで、企業側の価値を高め収益を上げるファンドのことを指します。ターンアラウンドとは英語で方向転換を表し、短期的な財務リストラなどとは異なり、より企業の内部構造に入り込み、より戦略的に中長期間をかけて企業の価値を高め、いわゆる「強み」を生み出していきます。また、ターンアラウンドを行う責任者をターンアラウンドマネージャーと言い、最近世間を賑わせている日産のカルロス・ゴーン氏などは、ターンアラウンドマネージャーに該当します。

基本的な収益構造

PEファンドは、投資先となる企業の状態や運用方法によって分けることができますが、基本的には、機関投資家等から買収のための資金を調達し、企業の株式を購入し、経営のサポートや改善を行い、企業の価値を向上させた上で、保有している株式を売却し差益を生み出すというイメージです。株式投資であれば株式、為替であればドル円などの金融商品を安く買って高く売るという構造に大きな差異はありませんが、企業を成長させるための様々な知識や専門性が必要とされています。

 

昨今のPEファンド業界は、増勢している印象にあります。日本銀行でもPEファンドの増勢に関して、「世界のPEファンドに対する投資家からの資金流入が増加するなど、金融市場参加者の間で注目が高まっている。グローバルなPEファンドの情報を収集している Preqin社のデータによると、2017 年の資金流入額は、金融危機以前の水準を明確に上回った。また、PE ファンドへの資金流入額から PE ファンドが実際に企業に対して行った投資額を引いた残高──業界内において「ドライパウダー」と呼ばれる PE ファンドの未使用の投資資金──は、数年前から既往ピークを更新し続けている。PEファンドはこうした投資商品としての側面 だけでなく、その投資活動が企業の円滑な資本調達の一助となっている面もある。注目すべき動きとして、米国において上場する企業の割合が1996年をピークに半減している。これには、PEファンドなど非上場の資金調達手段が多様化している影響などが指摘されている。米国ITなどスタートアップ企業の多くにとっては株式非公開のまま長期的な視点で経営を続ける機会が格段に増えている。また、わが国においては、企業の資本効率に対する意識の高まりを受けた事業売却ニ ーズや経営者の高齢化に伴う事業承継ニーズを 捉え、PEファンドの投資活動がこのところ拡がりをみせている」という調査結果を公表しています。

 

引用:https://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2018/data/rev18j01.pdf

 

PEファンドの仕事

PEファンドの業務は何段階かのフェーズに分かれて行われます。まずは、機関投資家から買収のための資金を調達します。そのためにファンドの特徴や構成メンバーなどを機関投資家に向けてアピールします。ファンドの存在とっコンセプトが周知されると、投資案件の獲得に動きます。案件獲得には、金融マンとしてのキャリアを使い、コネクションを通じて案件を開拓し選定していく方法や、投資銀行やM&Aファームなどのオークション案件に参加する方法などがあります。そして、買収先のある程度の目途を立てたら、投資先となる企業を調査し評価します。ここでようやく投資先企業と合意がなされた場合、投資を実行します。投資を実行するとファンドのメンバーが経営に携わるようになったり、アドバイザリー業務を行うなどして経営に関与していきます。そして、ファンド側の目標地点への企業のバリューアップが完了すると、売却を実行します。

PEファンドの年収

PEファンドに勤務するといっても、役職により年収にも差が出てきます。アナリストは1000万円前後、アソシエイトで1500万円前後、ヴァイスプレジデントで2000万円前後、ディレクターで2500万円前後と一般的には言われています。PEファンドの収益は、マネジメントフィーとキャリードインタレストが主で、上記で述べた年収のベースはサラリーですが、スキル次第では成功報酬を大幅に獲得するケースもあるので一概には言えませんが、一般的なサラリーマンと比較するとかなりの高給であると言えます。

PEファンドへの転職

PEファンドは転職先として高いキャリアの人に人気です。理由としては、投資業務に加えコンサルティング業務も重要な役割の1つであると考えられているからです。自身の手でチームを組み企業を成長させていくことにやりがいと感じる人が多いようです。また、投資銀行が役割分担が比較的明確な点がありますが、PEファンドの業務は非常に体系的であることも人気の理由の1つと言われています。PEファンドに向いている人の特徴は、M&Aや金融に関する知識に精通していることや、高いコミュニケーション能力がある人でしょう。また、外資系投銀行出身の超エリートが転職するイメージのあるPEファンドですが、金融のバックボーンがなくとも、高い専門性とコミュニケーション能力があればPEファンドへの転職も視野に入れることで、自身の更なるキャリアアップに繋がる機会になるかもしれませんね。

 

 

いかがでしたか?

もっと知りたい部分などをコメントいただければ随時ご紹介していきたいと思います。

関連記事

最新記事