キャリアアップを達成する転職の方法とは?具体的な段取りを解説

自分自身の社会的な価値を高めるために、転職という方法でキャリアアップを実現したいと考えている方も多いのではないでしょうか?キャリアアップは特定の分野における専門的な知識の向上や経歴を高めるを指し、転職は効率的にそのイメージを形にする方法と言えます。この記事では、キャリアアップを達成する転職の方法を分かりやすく解説します。

キャリアアップを目指す転職者は増えている

転職エージェントサービスを展開するdodaは、次のようなキャリアアップを目指す転職者の調査データを発表しています。

 

2018年12月の転職市場の概要

  • 2018年12月の求人倍率は、2.49倍(前月比+0.13pt/前年同月比-0.38pt)。
  • 求人数は前月比99.8%、転職希望者数は前月比94.4%。
  • 求人数は前年同月比105.5%、転職希望者数は前年同月比121.6%。

引用元:転職求人倍率レポート(2018年12月)│転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ)

 

 

特に転職希望者数は前年同月比121.6%という高い水準になっており、同じ会社で働いているよりも他の会社で働いたほうがキャリアアップに繋がると考えている人が多くなっていることが分かります。また、IT・通信、金融、メーカーは、求人数が特に高まっているため、キャリアアップを実現したい転職希望者がチェックしておくべき業界と言えます。

同じ会社で働き続けるよりも転職でのキャリアアップのほうが簡単

キャリアアップにはさまざまな方法がありますが、転職がもっとも効率的です。ここからは、現状でキャリアアップできてない理由から、転職が効率的な理由を分かりやすく解説していきます。

自分のスキルが活かし切れていない場合

キャリアアップを実現したいと望む方のなかには、今勤めている会社で自分のスキルを活かし切れていない方が少なくありません。英会話やプログラミングなどのソフトスキルをもっているにも関わらず、勤めている業界がマッチしていないことが大きな原因となっているケースです。言わずもがなではありますが、自分がもっているソフトスキルを活かせる業界へ転職することが、いち早くキャリアアップする方法と言えるでしょう。

業界の給料が低い場合

キャリアアップのなかでも、給料に対する不満を抱いている方は業界の給料水準を確認してみることをおすすめします。社内での貢献度に応じて支払われるべき給料ですが、業界全体の景気に左右されてしまうため、そのことがキャリアアップを実感できない理由になっている方も少なくありません。

役員の年収が低い場合

業界の景気と同様に、役員の年収も給料に深く関係しています。同じ実績をあげている場合でも、勤めている会社によって給料に反映される割合が異なり、その指標となるのが役員の年収です。キャリアアップを実現したい方は、役員年収の高い会社への転職がもっとも効率的な方法と言えるでしょう。

キャリアアップ転職のためには

キャリアアップを実現させるためには転職が非常に効果的な方法ですが、いくつかのポイントがあることも理解しておきましょう。特にソフトスキルの向上と給与をアップさせる意識が、キャリアアップにつながる転職のコツと言えます。

ソフトスキルをアップさせる

給料だけでなく、社会的な価値を高めることを望む場合には、どのようなソフトスキルを向上させたいのかを明確にしておく必要があります。キャリアアップを希望する多くの方が、英語やプログラミング、マネジメントの経験などのスキルアップを希望しますが、特に関心のある分野がどんなものなのかを明確にしておきましょう。

給料の高い業界を狙う

キャリアアップには給料をアップさせる意識も忘れてはいけません。ソフトスキルを十分に発揮できる環境への転職を果たすことが貢献している実感を高めてくれますが、それに見合った対価を得るキャリアアップの実感をさらに高めてくれるでしょう。そして、そんな転職を形にするためには、給料の高い業界を狙うことが効果的です。

 

転職エージェントを活用しよう

キャリアアップを実現する方法として転職を選ぶ際には、転職エージェントを活用することをおすすめします。転職エージェントは、代理人が求職者(アナタ)の転職希望をしっかりと確認したうえで、企業側の人事担当と直接やり取りをしてくれる心強い存在です。また、一般的に公開されていない求人情報に応募できるケースもあり、キャリアアップを実現したいという意思を効率的に形にしてくれる可能性を高めてくれます。

 転職エージェントの紹介

最後におすすめの転職エージェントを5つ紹介します。初めて転職しようと考えた方はもちろん、キャリアアップのためという意識が明確になっている希望者にも、おすすめの転職エージェントが数多くあります。

ビズリーチ

TVCMで高い認知度を誇っているのがビズリーチです。年収600万円以上のというハイクラス向けの転職サービスを展開し、30代管理職やスペシャリスト、専門職から、高い信頼を得る人気の転職エージェントです。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは部長や役員クラス、課長やマネージャーなどの管理職クラスの転職に特化したエージェントです。35歳以上の転職の70%が、JACリクルートメント経由とも言われており、外資系企業への対応に定評のある転職エージェントとして知られています。

マイナビエージェント

新卒採用で高い実績をあげているマイナビですが、転職エージェントも根強い人気を誇っています。ビズリーチやJACリクルートメントとは異なり、20代〜30代の総合型の転職エージェントとして知られ、特にソフトスキルを高めたいという転職者におすすめのエージェントです。

doda

マイナビエージェントと同様に、老舗や大手の案件を取り揃えているのがdodaです。dodaは転職希望者に有益な情報を展開するサイトで高い評価を獲得しているおり、その情報を活用したキャリアカウンセラーからのサポートを受けられる、転職に失敗したくないという方におすすめのエージェントです。。

リクルートエージェント

これから転職を考えたいという方が、真っ先に登録すべきとされているのがリクルートエージェントです。リクルートエージェントは、数多くのエージェントのなかでも求人案件数はNo.1とされるリーディングカンパニーです。しっかりとしたコミュニケーションを続けることさえできれば、一般公開されていない案件の紹介も期待できる転職エージェントと言えます。

転職エージェントはとりあえず全部登録するべき

キャリアアップを実現する方法として転職を選ぶ方は、転職エージェントのすべてに登録してみるべきと言えます。転職エージェントはその多くのサービスを無料で展開しているため、転職者のデメリットになってしまうことは何ひとつありません。また、とりあえず登録してみることで、それぞれの転職エージェントの特徴を把握しながら、自分がどのような形でキャリアアップを実現したいのかの理解を進めることも可能になります。どこに登録するか迷う前にとりあえずすべての転職エージェントに登録し、やり取りを行うなかで、転職へのモチベーションを高めていくことをおすすめします。

 

 

いかがでしたか?

もっと知りたい部分などをコメントいただければ随時ご紹介していきたいと思います。

関連記事

最新記事