ベンチャーへの転職は後悔しがち?メリットとデメリットを徹底解説

やりたいことを形にするために行動したにもかからず、入社後に後悔してしまう人が多いのが転職です。特にベンチャー企業への転職は、「給与アップが期待できそう」「自由な裁量を与えられそう」というイメージがある一方で、実際はそうではなかったという意見が多く聞かれる転職の形です。

では、ベンチャー企業への転職を後悔のないものにするためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか?ベンチャー企業が発展の途中であることを念頭に、事前に把握しておくべき情報を確認していきましょう。

そもそもベンチャー企業とは何か

ベンチャー企業は次のような定義付けが行われています。

「ベンチャー企業とは、革新的なアイデア・技術等をもとに、新しい形態のサービスやビジネス(ベンチャービジネス)を展開する中・小規模の企業のことです。新興企業と同義で用いられることもあり、主に成長過程に ある企業を指します。
明確な定義はありませんが上述のような企業や、ベンチャーキャピタルなどの投資機関から出資を受けている会社、ベンチャー指定を受けている会社などがベンチャー 企業と呼ばれています。」

引用元:ビジネス用語集│ELITENetwork

大企業と違い、ベンチャー企業はこれから商品開発やサービスの展開を作り上げていく段階にあります。財政的にも安定している企業は少なく、投資機関から援助を受けながら会社を大きくしていく段階にあると言い換えることもできます。将来的に大きく変化する可能性こそあるものの、大企業と比較すると見通しを立てにくいという点がベンチャー企業ならではの特徴です。

ベンチャー転職のメリット

大企業と比較すると安定性こそ見劣りするベンチャー企業ですが、さまざまなメリットがあることも事実です。まずは、ベンチャー企業ならではのメリットとして、「一人ひとりに与えられる裁量が大きい」「経験できる仕事の幅が広い」「社内の風通しが良い」の3つのポイントを分かりやすく解説していきます。

一人ひとりに与えられる裁量が大きい

ベンチャー企業は、これから独自性のある商品やサービスを拡大していく段階にあるため、実力があれば若くして管理職や役員に抜擢されることもあります。また、与えられる裁量が大きく、自分のアイディアを実行に移しやすいため、プレッシャーのある環境で成長できるという点もベンチャー企業ならでのメリットです。

経験できる仕事の幅が広い

ベンチャー企業の多くは人件費を抑えるために、担当する業務を限定しないことも珍しくありません。大企業では、営業部やマーケティング部といった部署が専門の仕事を行うのが一般できですが、ベンチャー企業では両方の部署の仕事を兼任した形で業務が進められるため、経験できる仕事の幅が広いというメリットも大企業にはない特徴と言えます。

社内の風通しが良い

「これから独自性のある商品やサービスで市場を拡大していきたい」という段階にあるベンチャー企業は、社長や役員、その他の部署の幹部などに意見を伝えやすいという点も魅力の1つです。大企業であれば、仕事が形式化されているため、自分なりのアイデアがあっても伝えられないことがほとんどですが、ベンチャー企業であれば新しい考え方は歓迎されます。そんな風通しの良さも、ベンチャー企業ならではのメリットと言えるでしょう。

 

ベンチャー転職での後悔例

ベンチャー企業には、市場拡大を果たすためにチャレンジする環境が整えられています。しかし、特に大企業からベンチャー企業へ転職した方のなかには、後悔してしまったという例も少なくありません。大企業から転職する際には、メリットだけでなくデメリットがあることも把握しておきましょう。

思っていたよりも給料が上がりにくかった

大企業の中でも特に営業職などでは、実績に応じた給料アップが期待できるケースもありますが、ベンチャー企業では給料に反映されにくい働き方になりがちです。会社側も財政的に安定しておらず、どのくらいの実績がどのくらい利益に結びつくのかが見通せていないため、給料に反映される期間が長くなる傾向にあります。

思っていたよりも労働時間が長かった

ベンチャー企業でも、基本的に勤務時間が決められていますが、残業が当たり前になってしまっている人も少なくありません。自分のやりたいことを実現するためにベンチャー企業へ転職したにも関わらず、予想以上に自分の時間が設けられないという方が少なくないのです。また、特に順調に実績をあげているベンチャー企業ほど、労働時間が長くなり、プライベートな時間が少なくなりがちという点には注意が必要です。

業務の幅が広すぎてやりたいことが出来なかった

転職の際には誰もがやりたい仕事のイメージをもっていますが、ベンチャー企業の業務の幅広さがギャップになり、後悔につながってしまうことも珍しくありません。面接の段階では、会社が頼みたい仕事の内容を明確にしていることもありますが、入社後に雑務や他部署の仕事ばかりになるということも考えられます。

 ベンチャー転職で気を付けるべきこと

ベンチャー企業への転職では、主に給与面・時間面・業務内容の3つに気をつけるべきです。特に事前のイメージや面接官の話と、実際の業務内容は大きくかけ離れていると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

もちろん、転職者を受け入れるベンチャー企業も、入社前のイメージと業務の実態のギャップが小さくなる努力はしています。ただし、それよりもこれから商品開発やサービスの展開を作り上げていくことを優先しなければならないため、社員の働きやすさは二の次になってしまいがちなのです。

また、ベンチャー企業への転職は、給与面・時間面・業務内容などの自分がこだわりたい部分を明確にした上で、転職エージェントなどのプロに相談することをおすすめします。自分自身でできる限りの情報収集を行うことは転職の基本と言えますが、ベンチャー企業の内部のことをすべて把握することはできないため、できるだけ早い段階で転職エージェントなどのプロと情報のすり合わせを行いましょう。

いいベンチャー企業を見つけるには

いいベンチャー企業を見つけるためにも、内部のことが分かっているエージェントとの付き合い方が非常に重要です。自分で転職したい企業をいくつかピックアップした上で、転職エージェントへ相談してみましょう。また、必ず相談内容に転職して実現したいことを盛り込むことも重要です。特に大企業からの転職した方の多くが、自分のスキルを試したいという希望と、給与が上がりにくいという現実のギャップに苦しめられがちという事実があることも把握しておきましょう。

ベンチャー転職で後悔しないために気を付けること

ベンチャー企業への転職では、主に給与面・時間面・業務内容の3つに気をつけるべきです。特に大企業からベンチャー企業へ転職する方の多くが、なかなか反映されない給与面のギャップに後悔してしまう傾向にあります。そして、ベンチャー企業へ転職する前には、必ず転職エージェントなどのプロに相談する必要があることも理解しておきましょう。自分で集められる情報を知る努力も必要ですが、ベンチャー企業の内部を正確に把握することは非常に困難であるため、同時に必ず転職エージェントなどのプロに相談することが必要になるのです。

 

 

いかがでしたか?

もっと知りたい部分などをコメントいただければ随時ご紹介していきたいと思います。

関連記事

最新記事