副業は年収アップに効果的な方法?メリットとデメリットを徹底解説

年収を底上げする方法のひとつとして、副業を検討している方も多いのではないでしょうか?日本でも副業を解禁する企業が増え、新たな収入源として認識されるようになってきました。今回はそんな副業について、「そもそも副業とはなにか?」「どのようなメリットとデメリットがあるか?」といったテーマごとに、分かりやすく解説します。

副業解禁とその影響

フリーランスへの業務委託事情を調査する業務委託の仲介会社Lancersは、次のような調査内容を公表しています。

本調査では、日本における副業・兼業を含む業務委託で仕事をする広義のフリーランスの経済規模が初の推計20兆円を超える結果がでました。フリーランス人口においては、前年と横ばいで1,119万人、人口に占める割合は17%となりました。また、副業(本業・副業を区別していない労働者を含む)フリーランスの人口は744万人、経済規模は7兆8,280億円と8兆円近い規模になり、報酬は堅調に増加し、業務委託ベースのパラレルワーカー数が伸長している傾向にあります。

引用元:フリーランス実態調査 2018年版を発表│Lancers

政府が副業解禁を決めた2018年の調査では、すでに人口の17%が本業とは別の収入源を作っていることが明確になっています。また、Lancersの調査では副業を業務委託で仕事をすることと定めいることも注目すべきポイントと言えます。株やFX、アフィリエイトなどざまざまな副業がありますが、会社に属さずに仕事を請け負った、その対価を得た段階で副業をしていると言えます。

副業での年収は上がるのか?副業のメリット

人口の17%ほどの方がすでに始めている副業ですが、どのような点にメリットがあるのでしょうか?年収を底上げできるという直接的なメリットのほかにも、さまざまな長所があります。

年収を底上げできる

どのような仕事を行うかにもよりますが、副業は年収の底上げを行える手段の1つと言えます。本業である会社の仕事であれば、成功報酬や残業代などに年収を底上げできる範囲は限られてしまいます。しかし、副業であれば、会社に属している時間を請け負っている仕事に費やすことで、その対価を得られるため年収を底上げする効果的な方法と言えるでしょう。

スキルアップにつなげられる

明確な意識があれば、副業をスキルアップにつなげることも可能です。特に株やFX、アフィリエイトといった副業は、専門的な知識がなければ利益に結びつけることができないため、年収をアップするためにはそれなりの勉強が必要となります。また、ライターやデザイナーなどの作品ごとに報酬を得る副業では、表現能力だけでなく、タイムマネジメントスキルなどのソフトスキルを高めることができます。

独立のきっかけになる

ほとんどの方が本業のかたわらで始める副業ですが、小さな努力の積み重ねが独立の道を切り開くこともあります。始めたばかりの頃は1時間あたり数百円だった単価が、本業を上回る結果になったり、副業が独立に必要なコネクションを作り上げることになるなど、副業が独立のきっかけになることも少なくありません。

 

副業の種類

年収の底上げができる、ソフトスキルの向上に繫げられるなどのメリットがある副業ですが、どのような種類があるのでしょうか?副業に限ったことではありませんが、収入を得る以上はそれなりの知識や経験が必要となるため、関心のあることから副業の始めるべき種類を知っていくことをおすすめします。

株やFX、不動産などの投資

少額で始められる、拘束時間を考えなくて良いといった理由から多くの方に人気を集めている副業が株やFX、不動産などの投資です。年収の底上げを目指すためには、それなりの勉強が必要になりますが、日本や世界経済を見渡す視野を得られるなど、たくさんのメリットがある副業です。

アフィリエイト

自分のホームページが企業の販売促進を行うというビジネスモデルが、アフィリエイトです。一昔前までは、TVCMだけが企業やブランドのイメージアップを行う媒体として認知されていましたが、最近では自分が更新するホームページがそのモデルとなり、実績に応じた報酬を得られる形態に変化しています。

クラウドソーシングサービス

副業を自宅で行いたいという方におすすめなのが、クラウドソーシングサービスです。クラウドソーシングサービスは、業務の一部をアウトソーシングしたい企業と、その業務を請け負いたい方とのマッチングを促進するサービスです。ライターやデザイナーなどの一定のスキルが求められる仕事からコピペだけでできる仕事まで、幅広い仕事が掲載されています。小さなコツコツとした作業を積み重ねていけば良く、少しずつスキルアップすることができるため、将来的に収入源の1つにしたいと考えている方におすすめのサービスです。

副業のデメリット

さまざまなメリットを見込める副業ですが、その一方でデメリットがあることも理解しておきましょう。特に副業を始めたばかりの頃は、年収の底上げを見込みながら、本業もしっかりとこなすというバランスを重視した働き方が求められます。

安定した収入になりにくい

副業の1つ目のデメリットは、基本的に安定した収入になりにくいというものです。専門的な知識が求められる株やFXはもちろん、ライターやデザイナーといった仕事の案件もいつでもあるわけではないという点には注意が必要です。

社内のトラブルにつながることがある

副業を始める際には、必ず本業である会社の社内規定を確認する必要があります。特に副業を認めることを明言していない企業では、なんらかの罰則を与えられてしまうことも考えられます。年収の底上げばかりに意識が向いてしまうことが、会社との関係を壊してしまうことに繋がりかねないのです。

本業をないがしろにしてしまうことがある

会社との関係だけでなく、本業が年収のベースにあることも忘れてはいけません。特に歩合制が設けられている業種では、副業を始めたことが年収を下げてしまう可能性もあります。また、勤務時間内に明らかに副業に関わる作業をしているような場合には、年収にこそ直結しないものの、社内評価に影響してしまう可能性があることも知っておきましょう。特に本業である会社の仕事だけで体力的、精神的なストレスを感じてしまっている方は、副業を始めることで本業にかける力が少なくなってしまい、その結果として年収が減ってしまう可能性があることは理解しておくべきと言えます。

副業で無理をして年収を底上げするなら転職を考えるべき

副業にはさまざまなメリットがあり、特に年収を底上げしたい方にはおすすめの手段の1つと言えます。ただし、安定した収入になりにくい、社内のトラブルにつながることがあるといったデメリットがあることも、事前に理解しておくべきポイントです。また、無駄な時間をかけず、安全に年収の底上げをしたい方は、転職をしてみるのも1つの手段です。副業でいかに年収を高めていくかを考えるよりも、スキルに見合った対価を得られる会社や業界の年収が高い会社への転職のほうが確実に年収を底上げすることができるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

もっと知りたい部分などをコメントいただければ随時ご紹介していきたいと思います。

関連記事

最新記事