【転職のやり方決定版】転職成功を目指す戦略的転職

今の仕事に対しての不満や、将来に対しての不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。そんなとき、一度は“転職”を考えますよね。しかし、実際に何から始めたらよいのかわからない方も多いと思います。実は、転職は、応募前の事前準備が最も重要です。今回は、その準備方法をはじめ、初心者のための転職の具体的な流れや方法を詳しくご紹介します。

転職の成功とはどのような状態か

実際に転職が成功したといえるのはどのような場合でしょうか。

  • 給与が上がる
  • 業界ランク上の会社へ行く
  • 職場環境の改善
  • やりがいのある環境で働く

上記のように、現状よりもレベルアップしたり満足度が上がったり、自分の目的に叶う企業への転職が成功といえます。転職を成功させるためには、しっかりと目的を設定し、それに合った企業を探して内定をもらうことが重要です。

転職の流れ

それでは実際に、転職活動の流れをご紹介します。転職活動の流れは、大きく以下の5つにわかれます。

  1. 自己分析
  2. 情報収集
  3. 書類作成・応募
  4. 面接
  5. 内定・退職

転職活動は自己分析から始まり、企業の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成など、応募までにも様々な準備が必要です。それぞれの項目ごとの流れを詳しくご紹介します。

1. 自己分析

ここではまず、自分がどうなりたいのか、なんのために転職をするのかを明確にします。この自己分析を曖昧にしたまま転職活動を進めてしまうと、この後の転職活動をうまく進めることができません。転職活動へのモチベーションが下がってしまったり、書類作成で何を書けばよいのかわからなくなってしまったりしてしまいます。明確な目的をもって転職活動を始めることで、転職の成功率はぐっと上がります。

2. 情報収集

 次に、自己分析で明確になった目的達成のために、どの企業に応募すればよいのかを決めていきます。そのためには、企業の情報収集が必要です。例えば給料をあげたいのなら、基本給や賞与の実績、資格手当の有無などを事前に知っておく必要があります。行きたい企業の情報を詳細に調べて、同業他社との比較検討も行いましょう。また、まだ転職をするか迷っている段階であれば、現職と他社の条件を比較してみるのも良いでしょう。ここでしっかりと情報収取を行うことで、今後の行動指針を明確にします。転職成功のためには、目的に合った企業を選別し、より多くの企業に応募することが重要です。

3. 書類作成・応募

情報収集を終えて応募したい企業が決まったら、提出必要書類を作成します。一般的に、応募に必要な書類は「履歴書」と「職務経歴書」の2つです。履歴書には経歴を端的にまとめて記入すれば問題ありませんが、転職活動で最も重要になるのが職務経歴書です。どんなに優れた経歴があったとしても、職務経歴書で表現できていなければ書類選考が通過できません。職務経歴書には、これまでの経験や実績、企業で生かせる強みやスキルなどを、A4用紙2〜3枚程度に簡潔にまとめます。さらに、企業が求めている人材像に合わせた志望動機や自己PRを記入し、自分をアピールできるように工夫しましょう。

4. 面接

書類選考を通過したら、次はいよいよ面接です。面接は、うまくいけば書類応募から1~2週間後で入ってきます。そして面接で大切なことは、事前準備です。特に、「自己紹介」「転職理由」「志望動機」「自己PR」などは面接で必ず聞かれます。こういった質問に対する答えは、自己分析や情報収集を活かして事前に準備し、スムーズにこたえられるよう何度も練習しておきましょう。面接官も人間ですから、あまり緊張しすぎず、素直な人間性を出すことも大切です。

5. 内定・退職

最終面接を終え、内定が決まったら、入社までの日程を決めます。内定から入社までの期間は会社によってバラバラですが、早いと1週間から、長ければ2~3ヵ月待ってくれる会社もあります。在職中に内定が出た場合は入社日を確認し、それまでに退社の手続きや引継ぎが済むようにしましょう。

上記の流れをもとに、あらかじめスケジュールを立てておくことが大切です。転職活動期間は人によって異なりますが、約2~3カ月が目安と言われています。転職活動を成功させるためには、この限られた時間を有効に利用する必要があります。とくに初めての転職では事前準備に時間がかかるため、まずは転職活動全体の流れを把握して、書類作成や面接のために、何を準備すべきなのかをしっかりと理解しておきましょう

 

転職

転職成功には準備が大事。転職成功への戦略

転職で失敗しないためには、「なぜ転職したいのか」、「どんな企業で働きたいのか」など、明確な目的を決めることが大切です。そして、目的に合った企業へ入るためにはどうするのか、時間をかけて下調べする必要があります。転職してから後悔しないために、しっかりと事前準備をしましょう。

ここでは、成功例で挙げた目的別に、転職成功への戦略をご紹介します。

給与を上げたい場合

実際に給与を上げるためには、現職よりも年収水準の高い企業へ転職する必要があります。現在働いている会社がベンチャー企業や中小企業であれば、まずは同業同職でより年収水準の高い企業を探してみるのが良いでしょう。

現職の業界規模が小さい場合には、業界を変えるという選択もあります。異業界への転職は珍しくなく、給与アップのためには、より規模の大きい業界へ移ることも大切です。スキルや経験の汎用性が高い職種であれば、異業界への転職はそれほど難しくありません。例えば営業職やエンジニアなどは、スキルが備わっていればどの業界でも広く受け入れられます。一方で、職種については、完全な未経験での年収アップは難しいと言えます。基本的にどのような職種であっても、給与を上げるための転職では経験を活かすことが前提となります。

業界ランク上の会社へ行きたい場合

中小企業から大手企業への転職は難しいと思われていますが、できないことはありません。ただしそのためには、高い専門性が必要です。大手企業へアピールできるスキルがあれば、転職は十分可能です。また、企業がそのとき求めている専門性を見極めることも重要です。そこまで高い専門性を備えていなくても、その時の募集条件と合致すれば、大手企業へうまく転職できることもあります。

職場環境を改善したい場合

昨今、ワークライフバランスを重視した転職活動を行っている人は少なくありません。また、多くの企業が労働環境の見直しを行っているため、制度の整った企業をたくさんあります。企業探しの際は、就業環境の他、産前産後休暇や介護休暇などの休暇制度、福利厚生などもしっかり確認しましょう。

また、事務職など、特にワークライフバランスの取りやすい職種もありますが、ほとんどは業界の状況によって左右されます。労働環境の改善には、業界や職種の見極めも大切です。

やりがいのある環境で働きたい場合

やりがいを求めて転職する場合は、まず自分がどんな仕事をすればやりがいを感じるのかを明確にしましょう。今の仕事にやりがいを感じることができない理由を考えることで、よりやりたいことが見えてきます。こうして明確にしたことを基準に、企業を選別していきます。業務内容を確認して、やりがいの感じられる企業を選びましょう。

このように、目的によって企業の探し方は様々です。目的に沿った情報収集を行うことが転職を成功させるための大きなポイントです。

しかし、ただ闇雲に調べるだけでは、莫大な時間が必要になってしまいます。さらに、企業の内部的な情報は、ホームページやパンフレットなどではわかりません。

では、効率よく必要な情報を得るにはどうしたらよいのでしょうか。

転職エージェントを使おう

企業の情報を知るには、転職サイトを活用しましょう。さらに転職エージェントを使えば、自分の目的に合った情報を簡単に調べることができます。

転職エージェントは、転職活動の事前準備から丁寧にサポートしてくれます。自己分析や企業研究の段階から相談できて、的確なアドバイスももらえます。その情報をもとに、担当エージェントが自分に合った企業を選別して紹介してくれるので、スピーディーな情報収集が可能です。

また、転職エージェントは企業との仲介役でもあります。詳しく知りたいことがあれば、エージェントを通して確認することもできるので、より確実な情報を得ることができます。

さらに、まだ転職をするか迷っている場合は、転職エージェントを使って情報収取をして、現職と比較するのも良いでしょう。転職エージェントを使用した後、現職のままキャリアを積むために転職しない、という選択もできます。まずは気軽に転職エージェントに登録して、転職への事前準備を進めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

最新記事