メーカーのマーケティング職の仕事とは?転職のコツも紹介

転職を検討している方のなかには、メーカーのマーケティング職に関心があるという方も多いのではないでしょうか?事実、メーカーが手がけるモノやサービスを広め、社内でも重要な職種として位置づけられています。ただし、そんなメーカーのマーケティング職も仕事内容や求められるスキルが伴っていなければ、理想的な転職をすることはできません。この記事では、メーカーのマーケティング職への転職に失敗しないために必要な情報を分かりやすく解説します。

メーカーマーケティング職とは

メーカーのマーケティング職は分かりやすく表現すれば、モノやサービスを売る仕組みづくりを行う職種を指します。さらに細かく分類すると、市場調査、市場分析、企画立案の3つのステップを経て、それぞれのメーカーのマーケティングのあり方が決定されます。一般的なイメージでは、トレンドに見合ったモノを生み出すというイメージがありますが、市場調査や分析などの客観的な立証から始められる根気のいる仕事です。

市場調査

メーカーのマーケティング職が行う1つ目の仕事が、市場調査です。市場調査では、顧客の生の声を知るためのアンケートや、これまで手がけてきた製品やサービスの実績といったデータの分析を行います。過去のマーケティングのあり方と手がけてきた製品とサービスとの関連性を検討するのが、この工程の大きな目的です。

市場分析

メーカーのマーケティング職は、過去のマーケティングのあり方と手がけてきた製品とサービスの関係性を把握したうえで、現在の市場分析を行います。市場調査で得た顧客のニーズから企業に抱いているイメージなどを分析しながら、新たな需要のあるターゲットの選定や製品やサービスの広め方を検討していきます。

企画立案

メーカーのマーケティング職が行う3つ目の仕事が、企画立案です。企画立案では市場の動向から浮き彫りになったターゲットに対して、売り上げにつながるであろう価値の創造を行います。すでにある製品やサービスであっても、どのように伝えるかによってターゲットに与えるイメージが変わるため、いかに新しいブランドイメージを作り上げるかがテーマとなります。 また、企業の舵を取る最終決定者の意見を踏まえて、1つのブランドの売出し方が決められます。

業界によってマーケティングの仕事は異なる

メーカーのマーケティング職に関心をもち、ぜひ自分の力を試したいと考えている方はできるだけ早い段階で、業界によってマーケティングの仕事が異なることを理解しておきましょう。一口にメーカーといっても、消費財メーカーや食品メーカー、化粧品メーカーやラグジュアリーメーカー、BtoBメーカーなどの多種多様な業界があります。そして、その業界ごとに価値観や身につけられるスキルが変化するため、期待通りの仕事をするためには入念な業界研究が必要となります。

メーカーのマーケティング職に向いている人

メーカーのマーケティング職に限ったことではありませんが、人材には向いている仕事とそうではない仕事があります。そして、残念ながら、その適性を無視した挑戦では、転職に成功したとしても転職をする動機を満たすことはできません。勤めたい業界をリサーチしながら、自己分析を繰り返し、自分がメーカーのマーケティング職に向いているかどうかも冷静に分析する必要があります。ここからは、メーカーのマーケティング職に向いているとされる人の5つの特徴を解説していきます。

データを分析する能力がある

メーカーのマーケティング職に向いている人に共通する1つ目の特徴が、データを分析する能力があることです。集められたデータに関心をもてるかどうかはもちろん、さまざまなる分析の手法を使い分ける能力など、さまざまなスキルが求められます。

トレンドを察知する力がある

トレンドを察知する力があることが、メーカーのマーケティング職に向いている人に共通する2つ目の特徴です。市場調査や分析という観点では、すでに集められたデータの分析を行えれば、メーカーのマーケティングとして十分に活躍することができます。しかし、マーケティングは、これから売れる仕組みを作り上げていく必要があるため、トレンドを察知する力も併せ持っておく必要があります。

客観的な開発やデザイン力

売れる仕組み作りには、客観的な開発やデザイン力も求められます。新たなターゲットに向けて、いかに分かりやすく製品やサービスの良さを感じさせるかは、顧客の目を引くことが大前提となり、自分のアイデアを客観的に分析する力も必要となります。

まわり巻き込むリーダーシップ

メーカーのマーケティング職は市場に対しては売れる仕組みづくりを行いますが、社内の認識を統一することも大切な仕事となります。特にお客様へ直接製品やサービスの良さを伝える営業職にも認められるようなリーダーシップは必要不可欠です。

分かりやすく伝える力と折衝力

市場調査から企画立案までを行うマーケティング職ですが、その取り組みを分かりやすく伝える力も求められます。会社のブランドイメージを作り出す重要なポジションでもあるため、企業の決定権をもつ重役へのプレゼンを行うケースも少なくありません。また、ほかの部署からのフィードバックを冷静に分析し、柔軟に対応する接触力も重要なスキルの1つです。

 

マーケティングプラン

メーカのマーケティング職のキャリアとは?

これからメーカーのマーケティング職を目指す方は、どのようなキャリアの選択を行えるのかも理解しておきましょう。基本的にマーケティング職が目指すのは、ブランドマネージャーです。企画や開発、営業といったほかの部門と協力しながら、商品を生み出し、育てる立場となります。そして、次に目指すべきキャリアが、マーケティングマネージャー職です。マーケティングマネージャーとは、企業全体の売上を担当する立場であり、1つのブランドを受け持つブランドマネージャーよりも、複数の視点で経営を考える立場を指します。さらに外資系企業であれば、経営のすべての決定権をもつCEOへと上り詰めることも可能です。また、ブランドマネージャークラスの仕事をしていれば、そのまま中小企業の経営の決定権を与えられるポジションを与えられるなど、数多くのキャリアを選択することも可能となります。もちろん、それなりのプレッシャーやスキルを求められる職種ではありますが、自分の能力に見合った働き方を実現したいという方には、魅力的なキャリアと言えるでしょう。

メーカーマーケティングを目指すには転職エージェントを活用しよう

スキルに見合った働き方ができ、自分らしいキャリアを形成できるメーカーのマーケティング職ですが、業界ごとに置かれている状況や求められるスキルが異なる点には注意が必要です。もちろん、基本的なデータの分析能力やリーダーシップなどの素養を満たしていれば、マーケティング職としての役割を果たすことができます。そして、その能力に転職エージェントの客観的な分析を追加することで、さらに満足度の高い転職を実現することができるでしょう。転職エージェントは、企業の問題点から求める人材までを正しく把握しているため、転職希望者が持ち合わせているスキルや希望する待遇や働き方を客観的にマッチングしてくれる強い味方と言えます。

関連記事

最新記事