未経験でもマーケティングへの転職は可能

マーケティングの人材募集を見かけて、ちょっと気にはなっているものの「経験ないし」と最初から転職を諦めてしまっている人、いませんか?

マーケティングはむしろ、未経験の方でもチャレンジしやすい職種の一つです。

その内容をよく知って、ぜひ今後の求職活動に生かしていただければと思います。

実際、未経験の人材をマーケティング担当として採用している企業は決して珍しくありません。

元々マーケティング経験者自体が日本では希少なため、実際の経験よりもポテンシャルに期待を寄せる部分が大きいのです。だからと言って、もちろん未経験者の誰しもがマーケターとして転職できるわけではありません。

これまでにマーケティング業務の一部のポジションに近い業務に就いていた経験があること。

チームマネージャーとしての経験があるとか、もしくは成果を求められる業務においてそれなりの実績を上げていることも大切です。

要は、企業の採用担当者に将来性があると思わせなければならなりませんから。説得力は必要ですよね。

上に挙げたような経験も実績もなく、それでもマーケティングの道へ進みたいと思われる方は、それなりの努力が必要です。マーケティングについて書かれたビジネス書は本屋へ行けばいくらでもありますし、今はインターネットでも様々な情報を入手できる便利な時代です。せめて、マーケティングの大まかな流れやそれに伴う専門用語くらいは知識として頭に入れておく必要があるでしょう。

そして、マーケティングの求人を片っ端から狙うのではなく、できるだけ自分の知識やスキルにマッチした求人にピンポイントで応募することが大切です。

マーケティング職にはいろいろな種類がある

マーケティングと言っても、その仕事の中身は様々です。

商品企画

商品コンセプトの立案から、実際に商品開発までを行います。

開発部門やメーカーとのやり取りも多いので、マネージメントや工程管理を行う上での統括力が必要です。

広告制作

広告一つ作るだけでも、デザインをする人、キャッチコピーを考える人と様々ですね。

媒体も雑誌や新聞、テレビCM、交通広告や屋外広告、web広告と多種多様ですから、どういった広告の手段を選ぶのかも、マーケターの判断にかかっています。広告代理店に業務を委託している企業も多いですね。

デジタルマーケティング

webを活用して集客したり、売れる仕組みを作ることをいいます。

SEO対策のため良質なコンテンツを量産したり、web広告を運用したり。

自社サイトを訪れたユーザーの行動を解析し、サイトの改善を図ることで集客や顧客満足に繋げていくことも、デジタルマーケターの仕事です。

チャネル・マーケティング

販路開拓と言った方がわかりやすいでしょうか。

媒体や経路を新しく開拓し、消費者に対する商品の購買機会を増やしたり、商品がよりスムーズに顧客の元へ到達するための流通経路を開拓することが目的です。

自社で製造をしない商社などは、チャネル・マーケティングがマーケティング戦略の主となりますね。

ブランド・マーケティング

ブランディングといったりもします。

似たような商品であふれ返る世の中です。価格を下げずに自社商品を選んでもらうためには、何らかの独自性や付加価値をつけなければなりません。スターバックスのマーケティング事例は有名ですね。ブランドを確立すれば、広告宣伝なしでもビジネスは成り立つという好例です。いくつか説明させていただきましたが、これらはマーケティング職のみなさんが行っている業務のほんの一部に過ぎません。

 

マーケティングの仕事は奥が深いですね。

 

マーケター

マーケティング職に未経験者でも入れる理由

マーケティングという仕事は経験以上にトレンドへの関心だったり、リーダーシップが重要となる、ちょっと特殊な仕事です。

経験という意味では、異なる分野でのマーケティング経験よりも、職種は違っても企業の求めるマーケティング分野の仕事内容に近い経験をしてきた人の方が喜ばれます。

例えば、常に数字を意識しながら戦略の下に業務を遂行するファイナンス(財務)やセールス(営業)の経験者。あるいは、スーパーバイザーやエリアマネージャーのような統括力や調整力の求められる仕事もいいですね。

あとは、職種によらずリーダー職やマネージメントに携わり、チームを統括して目標達成に取り組んできたような人も、マーケティング職には向いています。

デジタルマーケティングの職につきたいのであれば、これまでにリスティングやSNS広告の運用に関わってきたとか、ブログ集客のためにSEOを習得している人材ならばうってつけでしょう。

新規事業の立ち上げに関わったという人も、マーケティングの業務にどこかで携わっているはずです。

また、一社で長く働いてきた人よりも、何度か転職して様々な職種でキャリアを積んできた人や、大手企業にいた人よりも中小企業で業務全般を統括してきた人の方が適応しやすいのも、マーケティング職の意外な特徴の一つです。

このように見ていただくと、マーケティングという仕事がそれほど敷居の高いものではないことをおわかりいただけると思います。未経験者であっても興味と適正があれば、マーケティングの仕事に携わることは可能ですし、あなたのキャリアを掘り下げていくうちに、マーケティングの仕事にマッチする経験が一つくらいは出てくる可能性も十分にあるでしょう。

マーケティングに求められる能力

マーケティングの仕事には、実に様々な適正が求められます。

まず、データの収集や分析を行う、常にコストや売上に対する意識を持っておくなど、数字とは切っても切れない関係にあります。

その辺りは、ファイナンスやセールスの仕事に通じるものがありますね。数字に苦手意識のある人には難しい仕事となるでしょう。そして、常にアンテナを張り巡らせているようなトレンド意識の高い人。自分の趣味嗜好や人の意見に流されることなく、客観的・論理的に物事を見ることのできる人。

マーケティングの仕事は、「売るための商品を作る」ことですから、常にトレンドの最先端を見据えておく必要があるのです。

商品そのもののデザインから、パッケージデザインや、webや広告のデザイン等も関わってきますから、感性やセンスといったものも必要です。

そして、この仕事をしていく上で最も大切なスキル。

それが、コミュニケーション能力です。

社内外とのやり取りも多い仕事ですから、円滑にプロジェクトを進めるためには必須なスキルです。

大人数を前にプレゼンを行う場面も多いので、ボディランゲージを交えた魅力的な話し方ができると理想ですね。

このように、マーケティングは実務経験よりも元から備わったセンスや能力が生きてくる仕事です。

未経験だからと言って、転職に影響することは殆どないでしょう。

未経験であるからと言って諦めずに、マーケティング人材としての転職にぜひチャレンジしてみて下さい。

マーケティング職への転職を目指すには

未経験でも問題ないとは言っても、採用する側としては「誰でもいい」というわけにもいきません。

ポテンシャルを高めておく必要はあります。

そのためにも、前項で挙げたようなマーケティングに必要なスキルを磨いていくことは必須ですが、具体的にはどのようなことをすればよいのでしょうか。

誰にでもできる簡単な方法として、常にマーケティングの目線から物事を見る習慣をつけ、日頃から様々な分析を行ってみることです。

あの商品や店はなぜ人気なのか? 自分が手に取った商品、入った店舗のどこに惹かれたのか?

そのように、マーケティング思考を鍛えていきます。

そして、その後は。

一番始めにもお伝えしましたが、できるだけ自分の知識やスキルにマッチした求人を見つけ出すこと。マーケティングの仕事に応募する上での、自分の強みを見つけることです。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントであれば、あなたの経歴の中からマーケティングに応用できそうな経験を必ず見つけ出し、採用担当者へのアピール方法などきちんと考えてくれるはずです。

そういったノウハウが転職エージェントには蓄積されていますし、あなたの不安を取り除き、キャリアに自信を持たせてくれるコンサルティングにも長けています。

未経験の人こそ、転職エージェントを活用すべきでしょう。

関連記事

最新記事