転職はタイミングが大事。最適なタイミングとは?

年齢での転職タイミング

転職は、正しい状況判断が求められます。

それゆえに転職のタイミングを間違え、給料が大幅に下がったり、又は働き口が見つからず有給が消化した後も食を探すことになります。

しっかりタイミングを見極めて職を探すことが大事ですが年齢に分けて解説していきます。

20代前半の転職するタイミングはいつなのか

20代前半は、新卒で入社したものの、理想と現実の違いに打ちのめされることも多いと思います。上司に叱られ自分を見失い、自分のことで精一杯な方もいると思います。

では、20代前半はいつ転職するべきでしょうか?

結論からいくと、いつでもいいです。

会社側に不満がある場合や自分の本来やりたいこととはかけ離れた場合などです。

今の日本では、終身雇用という保証が大企業でも当たり前ではなくなった時代です。

会社に、恩義を感じることが少ない今だからこそ今自分のいる会社は、どういう立ち位置にいて業界は、どのようになっているのか?第三者の視点になって考えるのも大事です。業務縮小でクビを切られたり、会社が倒産しては遅いです。

20代後半の転職するタイミングはいつなのか

20代後半は、新卒から5年以上経ち自分が教わる期間が終わり、新人を教える立場になります。また、会社に不満を持ちやすくなるのもこの時期になります。

同年代の人と何かを比較したり、責任や仕事が増えているはずなのに比例しない給料など不満は多いと思います。

では、20代後半はいつ転職するべきでしょうか?

結論からいくと、こちらもいつでもいいです。

しかし、この時期の転職で失敗することを恐れている方は多いです。自分が転職して職が見つかるのか?や次の仕事でも自分に合わなかったらどうしょうか?などどうしても踏み出せない場合というのはネガティブな思考になることもあります。

しかし、違う仕事をして花咲くことは、決して少ないことではないです。自分を信じる転職は大事です。

また、20代は、実績などを重視しないポテンシャル採用や20代前半なら第二新卒などの制度もあり、20代の転職を積極的に受け入れてくれる会社は多いため、しっかり転職準備などを進めていくことが大事です。

30代前半の転職するタイミングはいつなのか

30代前半からは、20代と違い即戦力を会社は求めます。では、即戦力に対して求められる能力とはなにか?それは、管理・マネジメント能力です。

平均年齢の若い会社では、管理者・マネージャーとして転職者を迎えることもあります。

しかし、逆に言えば未経験での採用が少ないことになります。

あるにはありますが厳しい道のりだと覚悟が必要です。

また、転職する業界の知識を理解し、自分では、前職の経験を活かし、どのようなことができるかなどを明確にすることが大事です。

そのため、ある程度の実績がある状態での転職をおすすめします。

30代後半の転職するタイミングはいつなのか

30代後半は、30代前半よりもさらに即戦力を求められます。未経験での募集は20代前半と比べるとかなり減ります。

また、30代後半の採用は会社の規模などにもよるが、狭き門となっています。

しかし、それでも転職は可能です。最低限、社内での管理や新卒社員の育成に関わった実績が評価されることもあります。また、どのように行ったかなどの経験談で違う会社でも再現、汎用できるかなどでも評価されます。現在マネジメント実績のない30代前半未満の方も今現在の会社で身近にあるマネジメントに少しでも携われるようにすれば年収アップも視野に入ります。

 

転職

季節での転職タイミング

20代では、いつでも転職することをおすすめしましたが、では、季節でみる転職のタイミングはあるのでしょうか?

転職タイミング:春

求人が増える春は、転職者にとっては一番動く季節です。求人数が多くどのような会社がどのような求人を出しているかなど転職を今すぐ目指してない方も参考になることが多いです。

その中でも春に多いのが人員の補充というネガティブな求人ではなく新規事業の立ち上げや成長事業の補充というポジティブな求人です。また、春の転職は、新卒者の入社と相まって人材の動きが激しいです。よって周囲とのコミュニケーションの形成が他の季節より容易です。春の転職はこれだけではありません。前職の引継ぎを行いやすく辞めやすいという点も挙げられます。人の入れ替えが激しい春だからこそです。

転職タイミング:夏

夏は、お盆があり、求人も少ないためタイミングとしては難しいのかな?と思われる方もいると思います。

しかし、夏のボーナス後に退職する人いるため、その補充で求人をだす会社も少なくありません。また、春と違い、求人が少ないためライバルも少ないです。それに伴い未経験でも採用されることも多いのが夏です。また、夏のボーナスをもらってから転職する方も多いですがその際は、自分のボーナス額が確定してから退職届を提出するのがおすすめです。

転職タイミング:秋

秋は、人員補充がメインとなる季節です。

とにかく人手不足の部署に人材を補充したい会社さんも多いです。そのためタイミングが合えば採用されるケースも珍しくないのが秋です。

しかし、10月から求人数がどんどん少なくなるので注意が必要です。

転職タイミング:冬

冬は、秋に続き人員補充がメインとなる季節です。

秋で補えなかった人員を補充するのが冬ですが春まで待てば新卒が入ってくるため求人は少ないです。

また、年末で業務が忙しくなり転職にまで手が回らない人が多いです。その中で転職活動を行えばすんなり内定を確保することも可能です。

ライフスタイル

転職を行う上で重要なことが2つあります。

それは、産休、育休と住宅ローンです。どちらも転職に関係なさそうに見えますが重要になります。

産休・育休

女性の社会進出が顕著な現在では転職時に、妊娠が発覚することも多々あります。

では、産休・育休は転職後の職場でも適用されるのでしょうか?産休・育休どちらも適用されます。

まず産前休暇は出産6週間前又はの多胎の場合は14週間前に女性から請求して休業できます。請求しなければ出産ギリギリまで働くことも可能です。産後休暇は出産翌日から8週間産後休業になります。8週間産後休暇がありますが、本人の意思と医師が認められた場合にのみ妊娠翌日から6週間まで短縮することが可能です。育休は産休と併用される方が多い休業制度。1歳未満の子供を養育する労働者全員に付与されます。近年では、男性の取得も多いです。また養子でも取得可能です。

休業期間は0~1歳の期間が基本ですが1歳を過ぎていても養育していることと保育所に入所できていない等のやむを得ない場合のみ期間の延長ができます。

期間の延長は2歳までになります。しかし、注意が必要なのは産休は取得に条件がないため休業できますが育休は取得条件があるため適用されないことがあります。育休の取得条件は1歳未満の子供を養育する労働者のため基本的には、適用されます。ただし、継続雇用されて1年未満も労働者や、育児休暇を取得するのに合理的な理由がない労働者は取得できない等の労使協定が結ばれている場合は取得ができないことがあります。

住宅ローン

住宅ローンは、家を購入する際に銀行から借入するときに使う借金ですが、転職時に気を付けないと審査に落ちる可能性があります。

審査に落ちる可能性が高いのはこの3つです

  • 前職からキャリアチェンジする方
  • 前職が大手から中小企業に転職する方
  • 転職歴が多い方

この3つに該当する方は住宅ローンの審査におちる可能性もしくは高金利の住宅ローンを使うことになります。しかし、前職からキャリアアップする方は借りやすくなることがあります。

自分の状況を客観的に見て住宅ローンを効果的に使うことをおすすめします。

自分にとって最適なタイミングがわからなければ転職エージェントに相談しよう

話は、転職のタイミングに戻しますが先程年齢や季節でのタイミングを解説しましたが、それでも不安な方も多いと思います。

その時は、転職エージェントに相談するのをおすすめします。

転職エージェントは、なかなか周りに相談しにくい転職のサポートをしてくれます。

また、レジュメや職務経歴書などのアドバイスもしてくれるため最近転職エージェントを利用する人が増えています。

転職のタイミングはしっかり自分で決める

最後は自分の意思を持つことが大切です。なぜなら自分の人生は1度きりです。いろいろ解説をしましたが最後に転職を決断するのはあなたです。自分の現状と闘いましょう。

 

関連記事

最新記事