もし転職で失敗してしまったら。失敗からの逆転転職

勇気を出して転職したのにも関わらず、仕事を始めてから失敗してしまったかもと後悔してしまう方は決して少なくありません。この記事では、そんな後悔の念を抱いてしまっている方に向けて、具体的な対策を分かりやすく解説していきます。まずは、転職失敗がどのような状態なのか、またそんな状態になってしまいがちな人の特徴を把握していきましょう。

転職失敗とはどういう状態のことか

転職に失敗してしまったと感じる理由は給料・仕事内容・社風の3つに分類されます。そして、仕事を始めてから失敗してしまったかもと感じている方は、まず自分がどのような点を後悔し始めているのかを明確にすることから始めていきましょう。

思ったよりも給料が上がらなかった

転職後に思ったより給料が上がらない、という状態が1つ目の転職失敗のケースです。基本的には面接の段階で提示される給料ですが、その内訳まで明確に説明してくれる企業はそう多くありません。また、自分がもっている転職の条件が内定を急ぎ、給料の優先順位を落としたことが転職後も尾を引いてしまうというケースも少なくありません。

思っていた仕事内容と違う

中小企業への転職でよくあるケースが、思っていた仕事内容と違うというものです。特に大手企業で決められた仕事をしていた転職希望が失敗したと感じてしまいやすいポイントとされています。財源に余裕がない、まだ業務が確立されていない中小企業では、面接段階で提示していた仕事以外の業務を任されることも少なくありません。

社風にうまくなじめない

ベンチャー企業や外資系企業への転職でよくある失敗が、社風にうまくなじめないというものです。ベンチャー企業や外資系企業は決まりきった仕事の進め方が、日本の大手企業よりも少なく、企業のあり方としてはメリットである部分も多いと言えます。ただし、一従業員の立場では、自分の意見をはっきり述べることを求められる、上下関係がないといった社風の違いがストレスになってしまうケースもあるのです。

 

転職失敗する人の特徴

転職に失敗してしまう人は残念ながらその失敗を繰り返す傾向にあり、職場を変えても同じような不満を抱いてしまうというケースも少なくありません。そして、転職をし、すでに失敗してしまったかもと後悔し始めている方は、自分にこれから紹介するような特徴がないかを客観的に分析することをおすすめします。満足度の高い転職を実現するためには、自分なりの分析も必要となります。

業界知識がなかった

転職に失敗してしまう人の1つ目の特徴が、業界に関する知識を持ち合わせていないことです。新卒で働き始め、長年経験してきた業界内での転職ではストレスにつながることはありませんが、業界の垣根を超えた転職に挑戦した方はその違いを理解するまでにかなりの時間を要します。また、仕事内容だけでなく、景気の動向によって待遇などが変わる可能性もあるため、志望する業界どのような市場にいるのかといった分析も必要な作業と言えます。

業務内容の確認が不足している

転職希望者の置かれている状態によって要因はまちまちですが、業務内容の確認が不足していることも転職失敗する人の特徴です。先ほどの例のように中小企業への転職を希望したケースでは、面接で提示された業務よりも実際の業務が大きくなることは覚悟しておくべきことと言えますが、待遇や給与を優先し、確認がおろそかになってしまうことも珍しくありません。また、次の仕事を決めるリミットに追われ、希望する仕事内容でないにも関わらず、入社を決めてしまう人も同じ状況に陥ってしまいがちです。

転職の動機が不明確なまま

転職は基本的に、自分のキャリアアップやスキルアップのために活用すべき機会と言えます。しかし、残念ながら問題を解消するために転職してしまう方も珍しくなく、明確な動機が不明確なまま行動を起こすことが、転職に失敗する大きな理由とになってしまいがちです。面接では「新たな分野にチャレンジしたい」と話しているものの、内心では「今の会社の職場環境が嫌になっている」など、表現することが異なれば、入社後の働き方も自ずと変化してきます。ネガティブな要素であっても今の状況を変えるために努力したことがあれば、決してマイナスに働くことはありません。

転職を失敗してしまった場合の対処法

転職を失敗したときの対処法はその会社で頑張ってキャリアを積むか、また転職・独立をするの2つしかありません。しかし、すでに給料・仕事内容・社風に不満を感じている以上は、また転職・独立をするという選択をしたほうが効率的と言えます。自分だけのキャリアアップややりたい方向性を今一度見直し、転職で失敗しないための方法を改めて学ぶことで、同じミスを繰り返してしまうことはなくなるでしょう。

転職で失敗しないために

30〜40年という社会人生活を実りのあるものにするためには、転職・独立をするという選択をしたほうが効率的です。ただし、先ほど紹介したような転職に失敗する人の特徴が自分にもあるのではないかという方は、これから紹介する2つのポイントを意識することをおすすめします。内定にかかる時間は長くなるかもしれませんが、転職してからのストレスを軽減することができるはずです。

思い切ってネガティブな内容も伝えること

志望する企業の面接では、思い切ってネガティブな内容も伝えることを意識しましょう。希望するスキルに見合っていないと判断されれば、不採用となってしまうことは事実ですが、採用されてからのギャップを無くすことができます。また、転職ではネガティブな内容を話してはいけないという思い込みをもっている方が少なくありませんが、実はそのようなことはありません。今の会社で感じているストレスに対して前向きに努力した姿勢を伝えれば良く、すべての面を完璧に装う必要はありません。

客観的な意見を受け入れること

転職では業界研究や志望動機などの作業を行う必要がありますが、仕上がった段階で信頼できる人に見てもらうことも転職後の失敗を無くす手段の1つです。同じ会社の先輩や同僚は転職すること自体を言いふらすことなってしまうため、大学の同期などに頼ることをおすすめします。また、転職エージェントは専門的な知識を活用し、より具体的な解決案を提示してくれる強い味方になってくれることでしょう。

転職でもう失敗しないためには

転職失敗を避ける確率の高い方法は、転職エージェントにできるだけ早い段階で相談することです。仕事をしながらの転職は必要とは分かっていながらも、業界研究や志望動機の作成などの作業が思い通りに進まないといった状況になってしまいがちです。業界に関する知識や転職で気をつけるポイントなどを正しく理解し、負担になってしまいがちな作業を軽減してくれるのが転職エージェントです。さらに、ネガティブな内容を伝えることは転職の失敗を避けるための大切なポイントと言えますが、そのまま行動に移せる方はそう多くありません。そんな時に適切な表現の仕方を提示してくれ、場合によっては志望する企業と交渉してくれるのも転職エージェントなのです。

関連記事

最新記事