マーケティング職の年収はどのくらいなのか。実は高報酬なマーケティングプロフェッショナル

転職先として企業のマーケティング職を検討している方も多いのではないでしょうか?そして、給与アップを条件の1つとしている方は、マーケティング職がどのくらいの年収を手にできるものなのかという疑問をお持ちの方も多いでしょう。この記事は、マーケティング職の年収から、実は高報酬を期待できるとされるマーケティングプロフェッショナルの目指し方までを幅広く紹介します。

マーケティングの平均年収

求人情報サイトを運営するDODAが2017年9月~2018年8月の1年間に行った調査では、マーケティング職の平均年収が以下のようなものであった公表されています。

大まかな職種ごとの平均年収の順番は昨年と同様で、年収が高い順で見ると「専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)」系で588万円、次いで「企画/管理系」で510万円、「技術系(電気/電子/機械)」で467万円となりました。

引用元:平均年収ランキング 最新版(166職種の平均年収/生涯賃金)│転職・求人doda

ちなみに歩合制で、稼ぐことができるイメージのある営業系の平均年収が444万円。専門的な知識を求められる金融系専門職の平均年収が416万円とされており、マーケティング職を含める企画・管理系の平均年収が高いことが明らかになっています。

平均年収にだまされてはいけない!平均年収はあくまで平均

マーケティング職を転職先として検討している方のなかには、思ったよりも高くないと感じた方も多いのではないでしょうか。実はさまざまな職種があるなかで、マーケティング職は非常に年収の差が大きいという特徴があります。先ほど紹介した平均年収があくまで平均であり、マーケティング職のなかでも特別なスキルをもっていることで、ハイクラスと認識される年収を得ることが可能となります。ここからは平均年収から抜きん出るために必要なスキルを、昨今のマーケティング業界の動向から分かりやすく解説していきます。企業から個人へという常識から、個人から個人へと変化する広告の流れを掴み、新たな提案を行えるスキルに注目が集まる時代が訪れているのです。

時代に即したスキルをもっていること

もともと高水準の報酬や待遇が与えられるイメージのあった広告代理店やSP企業ですが、ここ数年は頭打ちの状態にあります。その理由はこれまで当たり前とされていた広告や販促物ではモノやサービスが行き届かなくなり、消費者を動かすようなマーケティングが難しくなったためです。

そんな時代のなかで、高い水準の報酬や待遇で企業から迎えられている人材には、時代に即したスキルをもっているという共通点があります。数多くの広告が打ち出されているなかでも消費者に、モノやサービスの良さを印象づけるアドテクや広告手法のエキスパートといった個人のスキルに注目が集まるようになってきています。

日本の企業では、まだまだ歴や経験値が重んじられる傾向にありますが、一部の企業では過去の実績や持ち合わせているスキルに合わせた給与や待遇が用意され始めています。マーケティングにおいても企業から個人へという常識から、個人から個人へと変化しており、機能だけでは売れなくなった時代に新しいブランドを作るスキルを持つエキスパートに企業の注目も集まるようになってきています。

マーケティングスペシャリストは年収が高い

ブランディング、アドテクに詳しいデジタルマーケティングスペシャリストなどの希少性のあるマーケティング職は非常に市場価値が高く、転職市場でも高待遇で迎えられる傾向にあります。また、企業の1つのブランドを総括するブランドマネージャークラスの仕事を経験していれば、そのまま中小企業の経営の決定権を与えられるポジションを与えられることも少なくありません。年収という観点では自分の実績次第とはなりますが、マーケティングスキルは、そのままフリーランスとして活用することも可能です。自分らしい生活をし、自分の好きな収入を得たいという方にもマーケティングスペシャリストのスキルは十分に役立てられると言えそうです。

 

マーケティングスペシャリストを目指すには

これからマーケティング職を目指そうと考えている方はもちろん、これまでさまざまな業界のマーケティングを担当していた方も、どのようにすれば市場価値の高いマーケティングスペシャリストになれるのかを正しく理解しておくことをおすすめします。マーケティングスペシャリストを目指すには、さまざまな企業でマーケティングを担当するよりも、1つの会社で長くマーケティングに携わることが大切です。もちろん、外資系企業などの場合は重要なポジションに抜擢されるというケースもゼロではありませんが、日本企業は長い期間の実績がなければ、重要な業務を任されることはありません。また、1つの企業で徹底的に身につけたマーケティングスキルは、時代の変化にも柔軟に対応できる価値です。一般的に陳腐化していくことが多いとされるスキルがほとんどですが、マーケティングスペシャリストとしての能力は、非常に高い市場価値をもたらしてくれます。

また、マーケティングスペシャリストを目指す際には、キャリアのステップもできるだけ早い段階で把握しておきましょう。基本的にマーケティング職がはじめに目指すポジションは、ブランドマネージャーです。企画や開発、営業といったほかの部門と協力しながら、商品を生み出し、育てる立場ととして活躍する重要な役割を担います。そして、次に目指すポジションが、マーケティングマネージャー職です。マーケティングマネージャーとは、企業全体の売上を担当する立場であり、1つのブランドを受け持つブランドマネージャーよりも複数の視点で経営を考える立場を指します。基本的にあブランドマネージャーまでの経験があれば、企業が置かれている市場を分析し、どのようなアプローチを行うことが利益に紐づくかをイメージすることができるため、転職や独立をしたとしても平均年収を大きく上回るような年収で働くことができるでしょう。

マーケティング職への転職を目指すなら

510万円と営業職や金融専門職よりも、高い水準の平均年収を期待できるマーケティング職ですが、実はスキルに見合ったさらにハイクラスの待遇で働くことも可能な職種です。マーケティング職の平均年収は、業務の裾野の広さや多くの業界をひとまとめにしたデータであるため、比較的低い数値が公表されています。しかし、1つの会社に勤め、企業全体の売上を担当する立場であるマーケティングマネージャーなどの職務を経験している場合には、非常に高い市場価値を与えられる職種でもあります。そして、そんなスキルに見合った待遇を受けるためには、転職エージェントのちからを借りることをおすすめします。転職エージェントは企業の問題点から求める人材までを正しく把握しているため、転職希望者が持ち合わせているスキルや、希望する待遇や働き方を客観的にマッチングしてくれる強い味方です。これまで経験してきたスキルの市場価値を落とさないためだけでなく、これからマーケティング職として能力に見合った働き方をしたいという方も、転職エージェントの客観的な視点を参考することをおすすめします。

経営者の近づく給料が高くなる、業界によって給料が高くなるというのはマーケティング職に関わらずなので、ここではマーケティング職で特にの部分を記載いただきたいです。

例えば、広告代理店やSP企業のように広告や販促物を作る企業でマーケティングを行っている場合は給料が低くなる傾向があるが、評価されてきているマーケティング技能を持つ人が(広告が氾濫する中でしっかりと消費者にリーチをすることができるアドテクや広告手法のエキスパート、機能だけでは売れなくなった時代にブランドを作るスキルを持つエキスパートなど)は高報酬・好待遇で迎えられる傾向にあるなど。

関連記事

最新記事