転職で給料をあげるコツを紹介。しっかりとした準備で給料アップを目指す

転職で給料は上がるのか?

今の会社で給料が上がらないから転職したい。

そのような想いを持つ方は多い思います。

しかし、現状転職で必ずしも給料がアップするともいえません。

転職での現状を「dodaエージェントサービスを利用して転職した人のデータ」をもとにまずは確認しましょう。

1. 20代後半の転職が給料アップのカギ

データによると転職をして給料がアップする確率が高い年齢は20代後半のようです。

その背景には、就職してから勉強をしたりして実力をメキメキと上げる人と、何もせず働いてきた人で差がで始める時期だからです。

また、転職での給料アップ率を見ると20代後半ですが、額だけで見ると30代に入ってからの転職の方がアップの額は高くなりそうです。

何はともあれ、知識や経験をしっかり積んだ人が転職で給料をアップさせていると言えるでしょう。

2. 女性の転職での給料アップ率も上がっている?

また、データを見て見ると転職による給料アップ率は大きく左に開きがあります。

(平均アップ率 男性:13.8% 女性:13.0% 平均アップ額 男性:58万円 女性:48万円)

参考データによると、これらは元々女性の就業職種が給与水準の比較的低い事務系職種やアシスタント職種に多いことも関連しているとのこと。

また、出産などによるライフスタイルの転換によるキャリアチェンジも要因1つのようです。

しかし、今は時代も変化しており女性の社会進出が徐々にではありますが進んできています。男女関係なく、実力をつけて転職をする方は転職での給料アップが見込めるでしょう。

3. Uターン、Iターン転職も給料アップの期待あり

また、転職で都市部から地方都市や地元に帰りたいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方にはいいデータがあります。

転職後の就業地のランキングを見て見ると1位から5位の都道府県が「静岡県、福岡県、北海道、千葉県、愛知県」となっています。

東京都と大阪府の2大都市よりも上という結果に。

転職で給料を上げるには都市部が有利との声も多い中、地方でも給料が上がる可能性は大いにあります。

地方でもシェア率が高い業界の企業であったり、様々な条件を研究し転職をすれば都市部、地方関係なく理想の転職ができるいえます。

転職で給料を上げる方法

転職による実際のデータを見ていただいたところで、具体的にはどのように転職で給料をあげればいいのでしょうか。

一番知りたいのは転職を上げる方法や、実際に転職が上がるためにやるべくことだとおもます。

そんな転職で給料を上げる方法大きく分けて4点あります。

1. 業界の上の会社に行く

1つ目の転職で給料を上げる方法は、「業界の上の会社に行く」ことです。

企業で働く人の給料に大きく関係しているものの1つに業界の規模や成長産業がどうかなどです。

例えば、今はIT業界がベンチャー企業などもよく立ち上げられソフトウェアなどの勢いが良いですが、高度成長期と言われた時は鉄道やインフラなど時代によって業界の規模感などは大きく異なります。

自分がもし今後縮小見込みの業界にいる場合、業界を変えるだけでも給料が上がる可能性はあるでしょう。

2. 年収の高い業界に行く

転職で給料を上げる方法2つ目は、「年収の高い業界に行く」ことです。

業界自体の規模感が小さかったり、成長しているとはいえなくとも給料を上げる方法はあります。

それが、業界の平均年収自体が高い業界に行くことです。

転職をするときにやってしまいがちなのが、きらびやかに見える業界に飛び込みそこまで転職で給料が上がらないケース。

実は、印象が良くない業界でも調べてみると年収が高い業界はあります。

「なんかカッコ良さそう」などの印象での業界選びは転職のリスクを上げる行為でもありますので、業界ごとに年収などしっかりと研究することをおすすめします。

業界研究をすることによって、転職で給料が上がる業界も見えてくるはずです。

3. 役職をあげて転職する

転職で給料を上げる方法3つ目は、「役職をあげて転職する」ことです。

企業で働く上で重要なことの1つが「役職」です。前職での役職などは転職活動においてよく聞かれる質問の1つです。その背景には、

「どれくらい責任を待たされていたのか」

「部下のマネジメントはできるのか」

などを企業は見ており、その視点は組織として働く上での能力を見極めるのに良い指標となるからです。

企業としては、貢献度の高い仕事ができる人に給料を高くするので役職を上げて転職をすることは給料アップには非常に有効だといえます。

自分で役職の仕事をできると言っても、実績がなければ説得力に欠けますしね。

4. キャリアアップしやすい会社に行く

転職で給料を上げる方法4つ目は、「キャリアアップしやすい会社に行く」ことです。

現在自分の役職がそこまで高くない場合、大企業での役職付きの転職は難しいこともあります。

そのような場合、会社が大きくないけれどもキャリアアップしやすい会社に行くことは給料を上げるために有効な方法です。

なぜなら、転職後にそこまで大きく給料が上がらなかったといえど1年後もしくは数ヶ月単位での給料アップも見込めるからです。

特に成長意欲の高い会社は、頑張った人を評価する制度が充実していることも多いです。

転職で給料を上げるためにキャリアアップしやすい会社を選ぶことは短期的に見ても、長期的に見ても有効な方法だといえます。

 

転職で給料を上げるには準備が大事

転職で給料を上がる方法を見ていただきましたが、方法を実現するためにも準備が必要です。

転職で給料を上げるために欠かせない準備を3つ、以下にまとめました。

1. マネジメント経験

企業で給料を上げるためには、役職につくことが一番早いです。

そこで転職において重要なのが「マネジメント経験」です。

マネジメントをしたことがない場合、部下を持たすことに不安を感じてしまいます。

転職で給料を上げる上でマネジメント経験は持っておいて損はしないでしょう。

2. 専門領域を作る

昨今の仕事では、ホワイトカラーでのジェネラリストよりも何か特化した人が重宝される流れが強くなっています。

それは、昔手作業で入力していた事務作業などが様々なサービスや自動化によりクリエイティブな仕事に時間が使えるようになったからです。

この時代において、何かを広くこなせるよりも自信を持ってアピールできる専門領域を作っておくことが給料アップにつながります。

3. 語学力を上げる

3つ目は「語学力を上げる」ことです。

日本には大きな変化が訪れています。

経済成長も緩やかになり、諸外国にビジネスパワーでは負けることも多くなっています。

今後、様々な国とのビジネスが多くなることが予想できます。そんな時に、語学力があることは最高の専門領域になります。AIなどで翻訳できたとしても、コミュニケーションを声で取れることは大きな武器になります。ビジネスは人で出来上がっているからです。

もし、何か身に付けようと思っているのであれば英語は非常にリターンの大きい勉強になりますよ。

 

大きく3つ挙げましたが、転職する会社によって必要な準備は変わってきます。

年収が上がる企業を見極め、その準備をすることが大切です。

転職で給料を上げるには転職エージェントを使おう

では、どの企業に行けば年収アップが見込めるか、見極めるにはどうすればいいのでしょうか。

しっかり、IR資料を読んだり企業研究を進めることはもちろんですが時間はだいぶかかりますし、1人で調べきるのにも限界があります。

そんな時におすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントは転職を総合的にサポートしてくれる非常にありがたいサービスですが、その中でも企業について詳しく知ることができることはメリットとして大きいです。

転職をする際に給料が上がる業界や企業を見極めることが非常に大切なことは見てきた通り大切です。

しかし、その情報を知るには企業の詳しい情報知っている人から聞くのが一番早いです。

転職で給料を上げるためにも、転職エージェントを活用しましょう。

関連記事

最新記事